音楽情報・宣伝・発表・ニュース
プロフィール 音楽・試聴 動画・MV ニュース・SNS 写真・画像 リンク集 ショップ・音楽配信 連絡 ENGLISH
King Royal
キング・ロイヤル

アーティストPR アメリカ ヒップホップ / ラップ

Royal Diamonds Entertainment

プロフィール 表示 | 非表示

アメリカ、カリフォルニア州のInland Empire(インランド・エンパイア)出身 King Royal(キング・ロイヤル、本名:Troi Jo'Vaughn Ivery トロイ・ジョヴォーン・アイベリー)は、荒々しく生々しい声で音楽業界に新しいエッジをもたらす。

*Inland Empire(インランド・エンパイア) = アメリカ合衆国カリフォルニア州の南部、リバーサイド市とサンバーナーディーノ市を中心とするエリアを指して使われることが多い言葉である。 広域的にはロサンゼルス大都市圏に属している。

高校2年の初日に、14歳でラップを始めた。Etiwanda High School(エティワンダ高校)の体育館観覧席で生徒たちがフリースタイルのラップバトルをやり始めた。キング・ロイヤルはこれまでラップやフリースタイルをやったことがなかったけれど、ヒップヒップは生き方であるだけでなく、人生でもあることをこの日に知った。そしてこの生徒たちと友達になった。

Lil Wayne(リル・ウェイン)、Kendrick Lamar(ケンドリック・ラマー)、Young Thug(ヤング・サグ)などの音楽アイコンの影響を受けた。キング・ロイヤルは、薄暗い暗室や夜に路上に駐車した車に身を隠しながら、叙情的な傑作を作るべく精神的に没頭することを好みます。キング・ロイヤルは自分の音楽は「バラエティな音楽」だと説明する。 「ストリート音楽だけではなく、女性のための音楽だけではなく、私の人生についての音楽だけでもない。」と指摘する。しかし、作曲時には、有意義で実のある曲を提供することを最優先に取りかかる。

最初の曲は、知り合いの家のガレージでRick Ross(リック・ロス)のMayback Music Part 2(メイバック・ミュージック・パート2)のソウルフルなビートに重ねて録音した。彼がその日、夜遅くに家に帰ってきて最初の録音された作品を披露するまで、彼の両親は彼が作曲やレコーディングに対して興味があることを知らなかった。競争の激しい家庭で育った彼は、自分の曲を家族に聴かせることに神経質になったが、彼がラップをしていたことを家の誰も知らなかったことを考えると、驚いたことに家族は非常に感銘を受けた。

初ミックステープ「Total Royalty」(トータル・ロイヤルティ)を2012年5月4日に16歳でリリース。地元で成功したことで「Total Royalty II」(トータル・ロイヤルティ・ツー)をすぐ作成することにした。ミックステープとしてリリースする予定だったが、レコーディングとアーティストの開発に何ヶ月も費やした後にミックステープではなく素晴らしいインスピレーションのあるアルバムとして仕上がった。

2015年11月9日、キング・ロイヤルは「War in the Streets」(ウォー・イン・ザ・ストリーツ)のMVを公開し、アルバム「Total Royalty II」(トータル・ロイヤルティ・ツー)は2015年11月17日にリリース。

その後3年間でキング・ロイヤルは、Cal State University of San Bernardino(カリフォルニア州立大学サンバーナディーノ校)で4年目を迎え、3番目のアルバム「And It Was So...」(アンド・イット・ワズ・ソー)を録音し、ブランドを構築し、マスター盤の完全な所有権を確保することに注力した。完全な起業家精神を実現するために、キング・ロイヤルと彼の父親は、独自のバーコードを購入して所有することの重要性を理解した。バーコードの所有者が製品の所有者だからだ。そのため、彼の作品は、彼独自のバーコード所有権が確立されるまで、一時的にすべてのストリーミング配信サービスから削除された。この間、彼は感情、家族の問題、地域社会や国全体に影響を与える社会的な病気についてのアルバムを熱心に制作し続けた。

彼はインランド・エンパイアのイメージについてこう述べた、「私の地域は普段見過ごされている。注目を集める時は、いつも良くないニュースばかり。だから、自分の都市つまり I.E.(インランド・エンパイア)の光になりたいと思った。」

インランド・エンパイア地域に複合企業を建設することになったキング・ロイヤルと彼の父親は、ブランドを発展させ、会社を次のレベルまで成長させる計画を立てた。 彼らの衣料品ライン、 Total Royalty Apparel(トータル・ロイヤルティ・アパレル)、King Royal(キング・ロイヤル)とRoyal Diamonds Entertainment(ロイヤル・ダイアモンド・エンターテイメント)の商品開発に長い期間を費やした。Total Royalty Apparel (トータル・ロイヤルティ・アパレル)は、刺激的でポジティブなエネルギーで満たされたメッセージを無意識に伝えることで人々に影響を与え、自分自身の信じる考え方を例示するようにデザインされている。目標は、人々が夢を実現し、より高いレベルをめざせるよう刺激すること。

彼は述べた。「あなたはあなたが考えるとおりの存在。我々は神だから、神のようにふるまう。」

彼は、知識を高め、ブランドを拡大することを目的として、大学の専攻を経営学に変えた。そして、父親は Royal Diamonds Entertainment(ロイヤル・ダイアモンド・エンターテイメント)をLLC(有限責任会社)として登録した。

音楽をリリースしなかった間、彼はビジネスモデルを完成させ、ラップ文化が再びヒップホップになるように刺激するアルバムを制作することに費やした。

2021年1月、25歳になったキング・ロイヤルは、自分の逸話を作り、黒人の卓越性を通じて世代に希望を与え、そしてTupac(トゥーパック)、Lil Wayne(リル・ウェイン)、Jay-Z(ジェイ・ズィー)、Drake(ドレイク)、Rick Ross(リック・ロス)、Kanye West(カニエ・ウェスト)などの象徴的な偉人を勉強することでヒップホップ精神を推進し続ける立場にある。

キング・ロイヤルは歌詞の内容や音楽活動について質問されると、多くのラッパーが誇らしげに言うようにこう述べた、「生きているだけで自然に良い経験と悪い経験を作り出す。自分の選択する道や通らざるをえない道を生きることでも同じ。 自分のために語る。家族、友人、そして過酷な生活や不当などにさらされている声のない人々のために語る。 私はhustler(ハスラー)から生まれたことを人々に知ってもらいたいが、知識は力であると理解したため、より高い学習、教育を求めることを選択した。」

*Hustler(ハスラー)= 怪しいまたは魅力的でないことをして金稼ぎをする人。

キング・ロイヤルは、まさにヒップホップ界が必要とする人物。


音楽・試聴表示 | 非表示


もっと聴く


動画・MV表示 | 非表示














ニュース・SNS表示 | 非表示

人気シングル Wholelottaguap(ホールロッタグアプ=沢山のお金)、日本でリリース!


X(Twitter)



写真・画像表示 | 非表示
Instagram

リンク集表示 | 非表示
公式ホームページ X(Twitter)YouTubeSoundCloud公式ショップ ROYAL DIAMONDS ENTERTAINMENT TikTokInstagram

ショップ・音楽配信表示 | 非表示
公式ショップSpotifyApple MusicAmazonSoundCloud Deezer YouTube Music Tidal kkbox

情報 PR投稿 ENGLISH
© 2023 JICS