音楽情報・宣伝・発表・ニュース
記事 音楽・試聴 動画・MV ニュース・SNS 写真・画像 リンク集 ショップ・音楽配信 連絡 ENGLISH
ガレージバンドから世界的成功へ: パトリック・ルーとルーナティックの成長
アジア系アメリカ人のロッカーでYouTuberのパトリック・ルーは、ゲームを変えたいと願っている。

ニュース・記事 アメリカ ロック パンク オルタナティブ

記事 表示 | 非表示

Japanese Translation 英日翻訳 by DeepL AI

音楽業界が進化を続ける中、インディペンデント・アーティストたちは、自分たちのやり方で成功を収める新しい方法を見出している。パトリック・ルー・ハヤシもその一人で、10年以上にわたってアンダーグラウンド・ロック・シーンに旋風を巻き起こしてきた。自身のバンド、パトリック・ルー・バンド(PLB)で活動し、後にルーナティック名義でソロ活動を開始した彼は、そのユニークなサウンドと音楽制作に対するDIY的アプローチにより、熱狂的なファンを獲得してきた。この独占インタビューでは、パトリックに彼の歩みを語ってもらった。

10代のガレージ・バンド・メンバー

パトリック・ルー・ハヤシは、パトリック・アラン・ルーとしても知られるアジア系アメリカ人のマルチ・タレント・アーティストで、1985年にサンフランシスコで中国人の父と日本人の母の間に生まれた。ワレンバーグ高校在学中の15歳の時、地元でパトリック・ルー・バンド(PLB)というバンドを結成。インディーズ音楽界に入ったばかりの頃はガレージ・バンドで活動し、2005年にはカリフォルニア州ラホヤを拠点とするインディーズ・レーベルと短期間契約した。

今回のインタビューでパトリックは、初期の音楽遍歴と13歳でギターを弾き始めたことを回想し、「ギターは僕の最初の楽器だったんだ。1999年の夏に13歳で弾き始めたんだ。ベースとピアノも弾いたよ」。何年もの間、彼はTheVerse、Benigneglect、Crazy Loser in a Boxなどサンフランシスコのいくつかのローカル・バンドで演奏した。また、2016年には友人であるジョニー・ロウリーのパンクバンドThe Torturedのベーシストを務めた。

ルーナティック・バンドのパトリック・ルー・ハヤシ

ルーナティックの誕生

2022年7月、パトリックはLewnaticというバンド名でBentley Recordsと1年契約を結んだ。Lewnaticはそれまでツアーやライブストリーミングの実験的な活動をしていたが、2022年8月19日に、シティ・ポップやアニメ的なテーマを強く打ち出したギターベースのインストゥルメンタル・ロック全6曲を収録した、レコードレーベルでの初アルバム(LPとしては3枚目)『Rapid Fire』を全世界でリリースしたことで、バンドは正式なものとなった。

バンドの成功を振り返って、パトリックはルーナティックを "ワンマン・ロックンロール・マシン "と大胆に表現している。シティ・ポップとアニメ的テーマを融合させたユニークなサウンドは、特に日本の音楽シーンで広く認知されている。パトリックは音楽業界におけるデジタル・クリエイターであり、すべてのギター・パートをPreSonusの安価なデジタル・オーディオ・インターフェースとLogicを搭載した2012年のMacBook Proで録音している。サンフランシスコのエクセルシオール・ディストリクトにある2階建ての実家を、実質的に自分のロックスターの遊び場に改装したんだ」。

2022年末、Lewnaticはアルバム『Rapid Fire』からのファースト・シングルのMVをサンフランシスコのチャイナタウンで撮影した。このMVは10月中旬に世界初公開され、YouTubeでそこそこの再生回数を記録した。彼らのシングル「We The People」のMVは、アメリカのマイノリティに影響を与えたパンデミック後の余波の中で、#StopAsianHateと#BLMのアンセムとして機能した。

受賞と功績

ベントレー・レコードと契約したことは、パトリックのキャリアにおいて重要な瞬間だった。「ベントレー・レコードと契約した時、パトリック・ルー・バンドが正式に決まったような気がした。人生でずっと望んでいたものを手に入れたんだ。第一に、自分の音楽が合法的なものになったこと、第二に、今のガールフレンド、アマンダ(作家・詩人志望)をゲットできたこと。この2つのことは、長い間、僕を遠ざけていたんだ」と彼は回想する。

パトリックは自らを「アルゴリズムやソーシャルメディア上の『いいね!』やフォロワーの数をあまり気にしないタイプの音楽アーティスト」と表現する。でも、僕が持っている満足感のほとんどは、ルーナティックやパトリック・ルー・バンドで僕がやっていること、やっていたことを披露してくれる音楽に関連した場所から生まれるんだ!" と彼は説明する。

トップミュージック・ジャパンがEP『ラピッド・ファイア』を日本の音楽シーンで注目のロック・アルバムとして紹介してくれたときが一番嬉しかった!もちろん、僕は日系人だし、それを誇りに思っている。だから、MIYAVIやX JAPANのようなJ-ROCKやJ-POPの大物アーティストと同じサイトで名前を共有できたことは、とても意味のあることなんだ!"

パトリックは音楽活動以外にも、FaceAppやRefaceといった最新のスマートフォンアプリを使い、マデリン・ルーというバーチャルなバンドメンバー兼ベーシストを作り、妹として売り出したことでも注目を集めた。彼はまた、ファンがマデリンと並んで彼自身により親密で個人的なアクセスができるように、Only Fansのアカウントも始めた。

バンドの成功に加え、パトリックは個人的な功績も認められている。彼はパトリック・ルー・バンド(マデリーン・ルーと並んで)として、母校CSUイーストベイの2019年度40歳未満の殿堂入りクラス(40 Under 40 Hall of Fame Class of 2019)に選出されている。また、2016年7月のアカデミア音楽賞では、最優秀実験ロック曲 "Game Changer "で1位に輝いた。

結論として、パトリック・ルーが音楽業界で歩んできた道のりは、決意、才能、そして努力の力の証である。サンフランシスコのベイエリアからスタートし、世界の音楽シーンで新星となった現在に至るまで、パトリックのストーリーは忍耐と音楽への情熱のひとつである。高い評価を得ているパトリック・ルー・バンドや、最新のベンチャーであるルーナティックなど、複数のプロジェクトを成功させてきたパトリックは、自分の技術とファンに対する揺るぎないコミットメントを示してきた。アーティストとして成長と進化を続けるパトリック・ルーが、音楽業界において侮れない存在であることは明らかであり、今後の活躍が期待される。


音楽・試聴表示 | 非表示


もっと聴く


動画・MV表示 | 非表示





ニュース・SNS表示 | 非表示
Facebook



写真・画像表示 | 非表示
Instagram

リンク集表示 | 非表示
公式ホームページ FacebookYouTubeBlog EIN NEWS NO DAYS OFF MAGAZINE RedX Magazine RedX Magazine (Madeline Lew)Instagram

ショップ・音楽配信表示 | 非表示
SpotifyApple MusicAmazonBandcamp

情報 PR投稿 ENGLISH
© 2024 JICS