Kukahiクーカヒ

アーティストPR

Kukahi
クーカヒ

Kukahi(クーカヒ)は”Big Island”(ビッグ・アイランド)と呼ばれているハワイ島出身、受賞歴のあるシンガー・ソングライター。

セルフタイトルのアルバム「Kukahi」(クーカヒ)は、2017年 Na Hoku Hanohano Award(ナ・ホク・ハノハノ・アワード)の『オルタナティブ・アルバム・オブ・ザ・イヤー』受賞。彼は17歳だったため、この名誉ある賞を受賞した最年少のソロアーティストとなった。

ハワイ生まれでハワイ育ち、さまざまな楽器を独学で演奏し、初めて作曲したのは7歳の時だった。14歳でハワイ島に移動。現在はWaimea(ワイメア)在住。ここで彼はオリジナル曲の作曲・編曲に取り組む気になった。

14歳でバンドThe German Asparagus(ザ・ジャーマン・アスパラグス)を結成。ハワイ島中でオリジナルとカバー曲をパフォーマンス。

15歳でソロミニアルバム「Raw」をリリース。同じ年にデビューアルバム「Kukahi」を作曲・編曲。

16歳の時にデビューアルバム「Kukahi」をリリースして、その後受賞。

17歳でセカンドアルバム「Human」(ヒューマン)をリリース。

ハワイ、フロリダ、テキサス、カリフォルニア、ワシントン、カナダなどでライブを行った。

2017年7月20日~26日に日本ツアー予定。7月21日~23日、恵比寿ガーデンプレイスで開催するハワイン・イベント「Aloha Tokyo」(アロハ・東京)と横浜のハワイアンタウンで開催する「Aloha Yokohama」(アロハ・横浜)に毎日出演予定。

このハワイアンの天才少年はMaka(マカ)と作曲・作詞を共作。

オルタナティブ・ロックのスタイルをメインとしながらも、あらゆるジャンルの音楽作りを楽しむ。

彼は芸術的で自由奔放な才能に恵まれているため、ラップ、ヒップホップ、フォーク、ファンク、ロックなど、さまざまな要素をその音楽に取り入れることができる。

その才能は彼の家系に代々引き継がれてきたもの。彼の曽祖母と5世代前の曽祖母は、どちらも作曲活動にいそしんだ。そして、この5世代前の曽祖母は、ハワイ王国第8代、最後の女王 H.R.H. Queen Liliuokalani(皇太子妃・クイーン・リリウオカラニ)。

iTunes Amazon Spotify 日本語版HP